Akihisaさん

『HOW TO MAKE THE HEAVEN  ~すべての子どもたちが笑顔になれる場所~』

この旅では、色々な境遇の子どもたちが心から笑顔になれる場所を見つけに行きます。日本中・世界中にあるそんな場所を見て感じてシェアして、それらに共感し応援してくれる人が一人でも増えていくことを目指します。

Akihisaさんの自己PR動画

Akihisaさんの自己PR動画はありません。

Akihisaさんの企画書

プロジェクト(企画)を思いついたキッカケ・原体験

 これまで様々な子ども野外キャンプ、農業、海外ボランティア等の活動を行いながら、自身が理想とする生き方を模索し続けてきました。2008年に初めて参加した「そらぷちキッズキャンプ」で、自分にとって当たり前だった「外で思いっきり遊ぶ」ということが当たり前じゃない、それが夢だと言う、難病とたたかう子どもたちがいるという現実を初めて知りました。 「そんな理不尽なことはない。彼らの夢は当然に叶えられるべきだ」 「自分が当たり前だと思っていた、自然の中で仲間と感じる楽しさや喜びを、やっぱり当たり前に感じてもらいたい」 そう思いながらキャンプのボランティアを続けるなかで、色々な境遇の子どもたちが笑顔になれる場所が日本中・世界中にあることを知り、その現場に行ってもっともっと自分にできることを知りたい、そのような場所・取組みをもっともっと多くの人に知ってもらいたいと思い、旅に出ることにしました。

プロジェクト(企画)のターゲット

【将来やりたいことを探している人 / 野外活動・医療・福祉の分野をあまり知らない人】人が人と直接関わり、支えることができる分野って、最初は緊張するけど入ってみると本当にやりがいに満ちています。将来やりたいことを探している人や、こちらの分野をあまり知らない人に対して、(ちょっとユニークな)野外活動・医療・福祉の生の声をお届けするとともに、もしも興味を持ったら、まずはボランティアとして現場に入ってみるという選択肢を提示します。 【本当に価値のある活動を支援しようと考えている企業CSR担当者さま】 難病児自然体験施設、フリースクール、ソーシャルファーム、エコビレッジ…日本にも、世界にも、あまり知られていないけれど社会的にすごく価値のある活動を続けている組織がたくさんあります。この旅で回れる数に限界はあっても、それら一つ一つとじっくりと関わり、その魅力を発信していきます。

出身地(あるいは、最も思い入れのある地域)

群馬県

旅のルート

【2012/4~2012/8】日本、【2012/9~2012/10】アメリカ、【2012/11】アフリカ、【2012/12~2013/1】ヨーロッパ・中東、【2013/2】アジア

旅の期間(予定)

2012-04-01 〜 2013-03-31

旅の詳細

 日本中・世界中の、難病児自然体験施設・ソーシャルファーム・エコビレッジ・福祉施設・医療施設等を回り、色々な境遇の子どもたちが心から笑顔になれる場所を見つけに行きます。それらを私自身が見て感じて自身の将来に活かすとともに、ブログ等を通じて個人・企業に情報発信を行います。

Akihisaさんの自己PR

「外で遊びたい!それが夢だという子どもたちがいる」その現実を目の当たりにしてから、人生が変わりました。この旅では、色々な境遇の子どもたちが心から笑顔になれる場所を見つけに、国内外の自然体験施設・福祉施設・医療施設等を回り情報発信を行います。どうかご支援をよろしくお願いします!

Akihisaさんの一言自慢

初対面の子どもたちと馴染む(いじられる)速さには自信があります。

Akihisaさんのヒストリー

 遡れば、小学生の頃はムツゴロウ動物王国で働きたいと思っていました。それが中学生になった頃から、動物からもっと自然全体が好きになっていって、大学は北海道の農学部へ。将来は北海道で農業あるいは環境教育(冒険教育)をやりたいなと思いつつ、でもまずは社会経験を積まなきゃと思い一般企業(銀行)に就職しました。たまたま銀行員の途中で、友人から紹介された病気の子どもを対象とした子ども野外キャンプに参加して色々インスパイアされてしまって、気が付いたら毎日のように「わー面白いなー!」と思っていたはずの銀行を辞めて、一気に医療の世界にキャリア転換。そして休学して今。…人生はセレンディピティに満ちていて、そしてきっとどこまでも自由なんだと思う今日この頃です。

Akihisaさんへの質問

問:あなたが思う、世界に誇りたい・伝えたい日本のこと(人、文化、制度、自然、なんでも)を教えて下さい。

答: 北海道から九州まで様々な土地に移り住んできましたが、どこの土地でもその土地を愛する人々がいて、外から来る人を温かく受け入れながら、その土地の農業・文化・伝統等を大切に守り続けていることです。

問:あなたは前述した世界に誇りたい・伝えたいことを、旅を通してどのように伝えられますか?

答: 旅先で出会い繋がる人々と、直接膝を突き合わせながら自分の口から日本の魅力を伝えていきます(日本人に対してはブログ・ツイッター・フェイスブック等を通じても訪れた日本の土地土地の魅力を伝えていきます)。

問:あなたの夢を教えて下さい。これから旅先で出会い仲良くなる人にその人をどのように紹介しますか?

答: 子どもたちの天国をつくりたいです。色々な境遇の子どもがいますが、誰もが当たり前に楽しい経験ができて、気の合う仲間ができて、未来に希望が持てる、そんな場所をつくりたいです。

問:自分の旅を応援してくれるサポーターと、より深い絆で結ばれるためには、旅先から何をしたらよいと思いますか?アイデアを教えて下さい。

答: 自身のブログ・ツイッター・フェイスブック等のソーシャルメディアを用いて、旅を応援する支援者について紹介します。また、旅の支援者が共感できる国内外の活動・組織について紹介し、その橋渡しをします。

問:その他、BADO!や本キャンペーンに関して、自由に意見を述べて下さい。

答:本キャンペーンに応募するにあたり、改めて自分の旅を整理するきっかけになりました。ありがとうございます。 ただ、このような素晴らしいキャンペーンがあるという情報が十分に知られていないのでは、とも思いますので(私も偶然友人の紹介で知りました)、私自身も情報を広げていきたいと思います。

気になる旅人に投票しよう!

Akihisa
1002 point
第3位
応募部門: BA
期間: 2012-04-01 〜 2013-03-31
YouTube: akihisa.bado
twitter: @Akihisa_h
Facebook:

応援しよう

BADO!のユーザは、投票期間中、1日1回この旅人(バドラー)に投票できます。また、このバドラーのサポーターになると、カンパをしたり、旅をキャッチアップしやすくなります。

ユーザー登録する

また、本キャンペーンの個人スポンサーになると、奨学生の最終選考権が得られたり、各種メリットが!もちろん、法人の方もお待ちしています。

スポンサーに興味がある!

つぶやき

このページのトップへ

BADO!ホーム | お問い合わせはこちら