Kanakoさん

『フードコーディネーター・料理研究家Kanakoの~料理と旅する~』

旅を通して様々な国・土地の家庭料理を学び、「レシピ(料理)×旅バナ」が一緒に楽しめ、その土地の人々の暮らしが分かるような本を出版する。

Kanakoさんの自己PR動画

Kanakoさんの自己PR動画はありません。

Kanakoさんの企画書

プロジェクト(企画)を思いついたキッカケ・原体験

今年4月にフードコーディネーターの認定証を取得してから、好きな食と旅を結ぶ仕事はないかと考えていた時、以前から興味のあった世界の家庭料理の本を作れたらと思いました。様々な国の家庭料理を学び、帰国後にレシピをまとめ、料理製作→スタイリング&撮影をし、旅の話と共に一冊の本にまとめ、料理・旅好きetc.色々な人に読んでもらえる本を出す。ですが、実現には金銭面はもちろん、料理を教えてくれる家庭を見つける必要性など人脈の確保も課題でした。そんな時、この「世界を旅するチェンジメーカー奨学生キャンペーン」を知り、みなさんに支援していただければきっと実現できると思い応募しました。

プロジェクト(企画)のターゲット

書籍化計画のターゲットは、料理・異文化・おいしいもの・etc.好きな人、他の国の人の暮らしに興味があるけどなかなか知る機会がない人、旅に行きたいけど行けない人、これから旅する人の参考に、等幅広い人に読んでもらうことが目的です。また、同時にブログでも旅での出来事を綴っていくつもりなので、本は読まないけど、ネットならという人にも見てもらい、世界にはまだまだ知らない物事がたくさんあるということを知るきっかけになればと思っています。さらに、日本のことも知りたいという現地の方がいれば、私もできる限り日本について伝えていければと思います。

出身地(あるいは、最も思い入れのある地域)

福島県

旅のルート

東南アジア(ベトナム、ラオス、タイ、マレーシア、インドネシア)9月30日~10月20日 インド 10月21日~11月30日 エジプト 12月1日~12月14日 イスラエル 12月15日~12月22日 トルコ 12月23日~1月31日 ギリシャ 2月1日~2月16日 ブルガリア 2月17日~2月28日

旅の期間(予定)

2012-09-30 〜 2013-03-03

旅の詳細

日本の家庭ではあまり見かけないが美味しい料理を知ってもらうため、主に東南アジア、中近東、東ヨーロッパをメインに旅する。

Kanakoさんの自己PR

私の計画は金銭面・人脈等、一人ではいいものを作ることが難しいと感じています。ですが、みなさんにご協力いただければ必ず成功できるという思いとやる気があります。この計画は本出版に留まらず、料理教室等帰国後も有意義に生かせ、その場限りにはしません。是非この計画にご理解をいただきご支援ください。よろしくお願いします。

Kanakoさんの一言自慢

行動力と思い切りの良さ。自他共に誰もが開けないと思っていたピアスを突如開けた。

Kanakoさんのヒストリー

私はバックパックを背負って個人でいくようなスタイルの旅が好きで、大学時代アイルランド留学中はヨーロッパやアフリカ、その後はアジア、東南アジア、北米、南米を旅したりしました。世界だけでなく、日本国内を旅するのも大好きで35都道府県は訪れました。そのため旅の経験はいくらかありますし、異文化へ行って戸惑うことはほとんどありませんでした。旅をしてきて大変なこともありましたが、それより素敵な思い出の方が強く残っていますし、辛かったことは後に笑い話になるのが旅の不思議な魅力だと思っています。大学卒業後から去年の5月初めまでアメリカの大学で約2年間日本語教員として働いたので、少なくはありますが、日本語を教えるスキルも持っていますし、茶道の免状も大学時代取ったので、日本文化を伝える際には役立つこともあると思います。

Kanakoさんへの質問

問:あなたが思う、世界に誇りたい・伝えたい日本のこと(人、文化、制度、自然、なんでも)を教えて下さい。

答:私が世界に誇りたい日本のものは食文化です。小さい国ながら地域ごとに個性があり、食材の豊富さ・生かし方が素晴らしいと思います。食は文化にも大きく反映しますし、食の豊かさは世界に誇るべきことだと思います。

問:あなたは前述した世界に誇りたい・伝えたいことを、旅を通してどのように伝えられますか?

答:旅の大きな目的が各地で家庭料理を習うことで、その活動をしている中で自然と日本の食の話、文化、生活、等の話にもなるはずです。その際、実際に日本料理を振る舞ったり話したりしながら伝えていきたいと思います。

問:あなたの夢を教えて下さい。これから旅先で出会い仲良くなる人にその人をどのように紹介しますか?

答:私の夢は、まずは、この旅での経験をまとめ本を出版し、新たな世界・美味しい料理・旅のわくわく感などを多くの人と共有し、読む人を笑顔にすることです。

問:自分の旅を応援してくれるサポーターと、より深い絆で結ばれるためには、旅先から何をしたらよいと思いますか?アイデアを教えて下さい。

答:応援してくれている人がいるからこそ続けられる旅なので、活動の報告はこまめにし、感謝の気持ちをきちんと伝え、自分の目的を確実に実現することが大切だと思います。

問:その他、BADO!や本キャンペーンに関して、自由に意見を述べて下さい。

答:食は人・文化すべての根本で、おいしものは人を幸せにすると思っています。私は日本食が本当に大好きでそれが中心ですが、たまに違うものを食べるときの発見や楽しみも好きです。その楽しさを多くの人と共有し、みんなで笑顔になりたいと思っています。今の自分の力だけでは描いている計画すべてを実現することは厳しいと思っていたところ、以前このプログラムで旅をした知人がfacebookでまだ応募できることを教えてくれ、「これだ!」と思いました。「世界を旅するチェンジメーカー奨学生キャンペーン」という誰にでも夢を実現できるチャンスがあることは本当に素敵で、このプログラム自体も夢を与えてくれます。

気になる旅人に投票しよう!

応援しよう

BADO!のユーザは、投票期間中、1日1回この旅人(バドラー)に投票できます。また、このバドラーのサポーターになると、カンパをしたり、旅をキャッチアップしやすくなります。

ユーザー登録する

また、本キャンペーンの個人スポンサーになると、奨学生の最終選考権が得られたり、各種メリットが!もちろん、法人の方もお待ちしています。

スポンサーに興味がある!

つぶやき

このページのトップへ

BADO!ホーム | お問い合わせはこちら