めーちゃん(C's) さん

『世界に種をまきに行く旅。』

世界に私たちが感動する花を求め、きっかけ、可能性、刺激という“種”をまきにゆく。まいた種が育つように、花と花が出会うように、ピンタレストという花畑に画像や映像を共有しながら世界一周をする。

めーちゃん(C's) さんの自己PR動画

めーちゃん(C's) さんの企画書

プロジェクト(企画)を思いついたキッカケ・原体験

1年ほど前、世界一周した人に会った途端に世界一周がとても近く感じられ、自分にもできると思ったことがきっかけである。この話をすると、4人の友達も同じことを考えており5人で世界一周することが決まった。それからこの夏に向けて自分たちがどうして世界一周がしたいのか、目的は何なのかお互いの意見をシェアしながら私たちの世界一周をつくりあげてきた。私たちはまだ特定の誰かやものを定めた旅ができるほどの経験がない。世界に出たことのない私たちが、行く前から誰かに旅の良さを伝える目的の旅はできない。だから今回の旅は自分たちのきっかけや刺激になり、第一歩を踏み出す旅にすることにた。また普段の生活で誰かのきっかけが時に自分にとってもきっかけであることが多いことに気付いた。そうならば私たちがきっかけを共有することで誰かも同時に新しいきっかけに出会うのかもしれない。そう信じて私たちはこの企画を実行することとした。

プロジェクト(企画)のターゲット

旅で出会う人、私たちのまいた種がきっかけになりうるすべての人たち。前述したように、私たちはまだ自分たちが特定のものになることをしたいと思えるほどの経験をまだしていない。だからこの旅は私たちの第一歩。私たちが踏み出すように、だれかの踏み出すきっかけになったらいいなと思っているが、出会う可能性を広げるために特定のターゲットは決めないことにした。たとえ小さくてもだれかの小さなきっかけになるのならそれはとても嬉しい。旅のあとのことを考えると私たちの旅がいちばん影響を与えうるのは私たちと同じ若者ではないかと思う。私たちの夏休みに5人で世界一周をするというかたちは、多くの若者が飛び込みやすい形であるがゆえ、彼らの背中を押すことにつながるような気がする。

出身地(あるいは、最も思い入れのある地域)

静岡県

旅のルート

東京(8月4日出発)、中国(8/4-9, 14,15)、インド(8/10-14)、南アフリカ(8/16-18)、イギリス(8/19-20)、スペイン(8/28-31)、エジプト(8/21-24)、チリ(9/7-12)、ボリビア(9/3-7)、オーストラリア(9/15-23)、ヨルダン(8/20-24)、ナミビア(24-28)、ペルー(8/24-9/3)、東京(9月23日頃帰国)

旅の期間(予定)

2012-08-04 〜 2012-09-23

旅の詳細

世界に私たちが感動する花を求め、きっかけ、可能性、刺激という“種”をまきにゆく。まいた種が育つように、花と花が出会うように、ピンタレストという花畑に画像や映像を共有しながら世界一周をする。

めーちゃん(C's) さんの自己PR

私たち5人は1人で行くよりも5倍の経験を得て、みなさんに共有します。世の中の“きらめくもの”を自らの足で探し歩き、みなさん一人一人にとってもきっかけや刺激となるような旅に必ずします。私たちの小さな勇気に力を貸してください。私たちと一緒に8月4日から世界に花を探し、種をまきにいきましょう!よろしくお願いします。

めーちゃん(C's) さんの一言自慢

一緒にぶつかって楽しみ、1日を共有する仲間がもう4人もいる。

めーちゃん(C's) さんのヒストリー

私は大学生に入ってから支えてくれる人があっての自分だと常に感じている。 やはり父と母の存在は大きく、常に私を支え、突き動かしてくれる。昨年母を失ったことは大きな悲しみだったが、今言葉にして行動にしておかないと次はないと考えるきっかけになり、今私はたくさんのことに挑戦できている。現在私はアメリカに留学している。大学に入ってすぐ入った勉強会で出会ったささきさんと仲間はひよこだった私が大きな一歩を踏み出す大きな力となった。同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨し、出会いの大切さ、感謝すること、謙虚に何事にも向き合うことを学んだ。留学の切符それ以上に、大学1年生のここでの夏はかけがえのないものであり、私の大学生活の方向を定めた。大学生活家族、友達に支えられ毎日刺激的である。今こうして毎日わくわくすることを仲間と考えて少しずつ前に進んでいること、新たな刺激を求めて一緒に世界に出られることが嬉しくて仕方がない!

めーちゃん(C's) さんへの質問

問:あなたが思う、世界に誇りたい・伝えたい日本のこと(人、文化、制度、自然、なんでも)を教えて下さい。

答:日本が安全で誰もがやりたいことに熱中できる環境があるからこその、繊細さと創造力。ここまでたくさんのものにこだわりがつまっていて、1つ1つからその国“らしさ”が伝わってくる国は日本だけだ。

問:あなたは前述した世界に誇りたい・伝えたいことを、旅を通してどのように伝えられますか?

答:出発前に日本が誇る人やものを写真や動画として集め出会った人に共有する。自分たちも常に創造的である努力をする。帰国後は私たちの旅の報告を機に、他の人が海外と同時に日本を再認するきっかけを作りたい。

問:あなたの夢を教えて下さい。これから旅先で出会い仲良くなる人にその人をどのように紹介しますか?

答:服飾、社会起業を中心にやりたいことがやまほどあり、それを欲張ってかなえることが私の夢なのだと考えている。日々の出会いの中で私の夢は常に深く大きくなっている。旅先の会話の中その時の思いと共に伝えていく。

問:自分の旅を応援してくれるサポーターと、より深い絆で結ばれるためには、旅先から何をしたらよいと思いますか?アイデアを教えて下さい。

答:サポーターのみなさんの支援がどのように使われているのか写真と短い言葉でわかりやすく伝える。支援していただいたものをフルに使いこみ、旅の最中、旅のあとにそれを私たちが広告する。

問:その他、BADO!や本キャンペーンに関して、自由に意見を述べて下さい。

答:日本を元気にする可能性があるプログラム。私たち若者が日本を飛び出すことは日本を元気にすると信じている。海外に出る度に、私は1つ1つの国で違う日本に気付く。BADOは私にまた1つ違う日本に気付き、世界を知るチャンスをくれた。このようなすてきなプログラムを多くの人にもっと知ってほしい

気になる旅人に投票しよう!

めーちゃん(C's)
1464 point
第2位
応募部門: BA
期間: 2012-08-04 〜 2012-09-23
twitter: @cs_world5

応援しよう

BADO!のユーザは、投票期間中、1日1回この旅人(バドラー)に投票できます。また、このバドラーのサポーターになると、カンパをしたり、旅をキャッチアップしやすくなります。

ユーザー登録する

また、本キャンペーンの個人スポンサーになると、奨学生の最終選考権が得られたり、各種メリットが!もちろん、法人の方もお待ちしています。

スポンサーに興味がある!

つぶやき

このページのトップへ

BADO!ホーム | お問い合わせはこちら